県民共済制度 評判 口コミ

県民共済制度の評判・口コミを徹底紹介

県民共済って一体何?

日本社会が成り立っているのはまさに助け合いの精神です。それはお互いがそれほど経済的に恵まれてなくとも、資本を出し合ってお互いの生活を少しでも良くしていくと言う大きな理念が存在していると言えます。

 

そのような日本のコンセプトは様々な商品・サービスに反映されていることも多く、その1つに県民共済と呼ばれるものもあるでしょう。共済制度を提供する運営体は日本でも数多く存在していますが、この県民共済は全国生活協同組合連合会が運営するサービスなのです。

 

共済は生命の危険・傷害・様々な損害に備えて保障するものでして、多くの方に知られている保険事業と極めて似ています。今回ご紹介する県民共済は共済制度を提供する各都道府県の生活協同組合のサービスでして、加入自体は基本的に住所を置いている都道府県にて手続きをしなければなりません。しかし、今のところ一部の都道府県では加入自体ができないでしょう。

 

この県民共済の大きな特徴は比較的安い掛け金で加入できると言う点でして、低所得者にとっては非常に役に立つ制度と言えるでしょう。加入は上述の各都道府県の生活協同組合以外に銀行などの金融機関でも手続きができるので気軽に加入ができます。

県民共済と保険との違いはあるの?

日本人はリスクに対する管理意識が非常に高く、保障に対する取り組みが極めて優秀なエリアとなっています。いわゆる比較的安い費用で加入できる県民共済は助け合い精神によって成り立っていますが、日本で多くの方が加入している保険とほとんど変わらない印象を受けます。ここでは、県民共済と保険の違いを見て行くことにしましょう。

 

保険は基本的に民間企業によって運営されている営利事業なので、保険料も年齢によって大きく異なります。人間は加齢とともに生命に関するリスクは高くなりますので、保険会社としてもリスク補填をするために年齢が上がれば上がるほど掛け金を高くしなければならない訳です。

 

しかし、そこに行くと県民共済は基本的に年齢に関わらず一定額の掛け金で加入できますので、経済的にあまり収入が無い方でも保障を受けられやすい制度と言えるでしょう。また、保険は医療保険と生命保険が単独になっている商品もあるのに対して、県民共済の商品は基本的にどっちも保障される包括的なものとなります。

 

さらに、県民共済はかつては保険とは見做されなかったのですが、最近は同じ認識として扱われるようになっていますので両者間の違いは補償額などを除けばかなり少なくなっているでしょう。

ズバリ県民共済にどんな方が入るべき?

日本社会の中でできるだけ上手に生活して行くためには、限られた収入を活用して何時降りかかるか分からないリスクを如何に少ない費用で回避するかを考えなければなりません。この場合にとても重宝されているリスク回避商品として県民共済が挙げられます。しかし、この県民共済の商品特長を鑑みた場合にどのような方が加入すべきなのでしょうか?

 

まず、県民共済は掛け金が一定で推移するので長く掛けるほどお得感が出て来ます。一般的に日本では年齢が上がるたびに昇給して行くことが多いので、どうしても年齢の高い方が掛け金に割安感が出て来るのは否めません。

 

そのため、県民共済に関しては高い掛け金に資金を投入できない方などの収入が安定しない方の加入が向いています。また、重病を患ったことのある方でも保険に比べると加入できる確率が極めて高いのです。これにより、保険に入ることが通常無理な方であっても県民共済には加入できると言えるでしょう。

 

さらに、民間の保険に加入している方であっても、保障額の関係で別の保険に加入したい場合もあります。しかし、この場合は保険料が著しくアップする場合もありますので、この場合は掛け金が一定な県民共済に加入して保険の保障額を上乗せすることもできます。

県民共済は何処で入ることができるの?

非常にリーズナブルな費用にて危機管理が可能となる県民共済ですが、多くの方のふとした疑問と言えばどこで加入することができるかと言うことになります。実は、この県民共済の運営主体にあたる全国生活協同組合連合会には都道府県支部があります。

 

一般的にこれらの都道府県支部が県民共済の加入窓口となるのですが、残念ながらすべての都道府県に支部が設置されている訳ではありません。現在のところ1都2府36道府県に支部がありまして、これによって自動的に加入ができない県民が発生してくることになるでしょう。

 

また、県民共済の加入が可能な都道府県になりますと、各支部における直接加入の他に銀行でも加入できることは意外に知られておりません。各支部は基本的にその都道府県庁所在地若しくは大都市に設置されていますので、地方でも僻地にお住まいの方になりますと加入が面倒に感じることもある訳です。

 

その場合は地元の銀行の支店からも掛け金の入金が可能でして、支部に直接行く必要がないと言えるでしょう。しかし、現在の段階ではゆうちょ銀行(郵便局)での加入ができないようでして、この点は今後における加入利便性の向上が大きく望まれる部分だと言えます。

県民共済のコストパフォーマンスを考える

全国39都道府県で加入が可能な県民共済ですが、その魅力と言えばやはり掛け金の安さと言えるのではないでしょうか?しかし、このような共済にとって必要なのはコストパフォーマンスになりまして、県民共済における事情を詳しく見て行くことにします。

 

県民共済は掛け金が常に一定額でありまして、ここが多くの方にとって大きく魅力を感じている部分でもあります。実はコストの低さに対して、保障額も民間の保険と比べると少ないと言う意見も存在しているのも事実です。

 

一般的に県民共済は加齢に関わらず、掛け金が据え置かれていきますが年齢が高くなるにつれて保障額が少なくなると言う特徴を持ちます。この点だけでみますと、安物を買っただけでパフォーマンスが悪いのではないの?って感じることもあるでしょう。

 

しかし、県民共済は保障額の支払いなどについては基本的に他の民間保険会社で発生するような不払いはまず発生しません。そのため、掛けてから確実に治療費を受け取るまでがスムーズに行くことを考慮すれば、本来の意味でコストパフォーマンスが非常に良いと言うことができます。

 

また、保障額自体の心配が残る方は民間保険と同時加入することも1つの方法となるのです。

もっと詳しく→ 県民共済が詳しくわかるサイト

これからの県民共済の発展の展望は?

掛け金も一定額でずっと掛けられる県民共済。どんな方でも基本的に加入できるので、保険よりも利用しやすい大変良い制度です。その証拠に毎年加入者が増えていまして、相互扶助の精神がしっかりと体現されていると言っても過言ではありません。

 

これらから判断しても、県民共済は将来的にさらなる発展が期待できる制度だと言えるでしょう。現在は39都道府県間で運営されていることから、仮に引っ越しなどで他の都道府県に行っても加入が継続扱いになるので大変お得なのです。

 

日本では正規職として働いている方が少なくなっている現状では、できるだけ低い予算で加入できる共済がどんどん注目を浴びて来ているでしょう。非正規職で公的健康保険の掛け金さえも捻出できない方になりますと、掛け金が高めに年々推移して行く民間の保険への加入は以前にも増して難しくなっている現状があります。

 

これにより、県民共済はどんな経済状態の方のリスク管理においても対応できる素晴らしい制度だと改めて理解できますね。

 

ただし、今後県民共済がきちんと発展して行こうとするのであれば、残りの8県(山梨県/福井県/鳥取県/徳島県/愛媛県/高知県/佐賀県/沖縄県)に関しても支部を設けて行くべきでしょう。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▲まよったら無料相談がおすすめ▲

 


ホーム RSS購読 サイトマップ