県民共済の共済ってそもそも何?

県民共済の共済ってそもそも何?

県民共済の共済ってそもそも何?

人生設計におけるリスク管理において、非常に低いコストで実現できる県民共済。でも、ちょっとわからないのはこの共済って一体何なのでしょうか?ここでは、一般的な保険とはどう異なるのか見て行くことにしましょう。

 

共済は基本的に共に弁済すると言う言葉どおりに、特定の目的を達成するために費用を出し合う制度です。ここで言う特定の目的は、各個人の生命に関するリスクを回避することにあります。怪我などをすれば当然治療費やそれに付随する費用が発生しますので、当然まとまった費用が必要になる訳です。

 

そこで不特定多数の加入者が出し合ったお金によって、お互いのリスクを回避して行くことで急なトラブルによる出費も解決できるでしょう。しかし、これを聞くと保険と全く同じなのではと感じる方も多いはずです。実は、共済は保険と同じ趣旨を持った制度になります。

 

ただし、保険の場合は民間企業が運営していることがほとんどなので営利行為の性質が大きく、共済の場合は相互扶助の概念によって成り立っていますので掛け金が低く抑えられていることが多いでしょう。また、共済の場合は加入要件もそれほど厳しくないので、保険に入れない方でも加入できる可能性が高いのです。

 

さらに、共済の場合は保険の場合と比べて怪我などに対する保障額は少なめになる傾向がありますが、その一方で保険会社などの執拗な払い渋りなどは発生しませんので必要な時にスムーズに治療費を受け取れる傾向にあるでしょう。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▲まよったら無料相談がおすすめ▲

 


ホーム RSS購読 サイトマップ