県民共済が持つ困ったデメリットは?

県民共済が持つ困ったデメリットは?

県民共済が持つ困ったデメリットは?

多くの方が加入しやすいとされる県民共済ですが、実際に毎年確実に加入者を増やし続けています。しかし、そんな県民共済も決して良い面ばかりではなく、加入後において感じるデメリットも存在しているのです。

 

そのデメリットのうち最も大きいものは保障額がやはり少ないと言うことにありまして、一般的に保険の場合は数千万円の死亡保障額になることもありますが、県民共済の場合は最高で800万円ほどに留まるでしょう。

 

また、保険がお住まいの地域に関わらず加入できるのに対して、県民共済は幾つかの県にて取扱いがなされておらずに加入ができないと言う大きなデメリットがあるのです。この地域差は明らかに不公平感が強く、仮に加入可能な地域から加入不可能な地域に移り住んだ場合は退会しなければならなくなります。

 

さらに、高齢になっても掛け金が増えないメリットが存在する一方で、保障額も高齢になるごとに減少して行くと言うデメリットも存在しているでしょう。これは保険が加齢によって掛け金が増えて行くのにもかかわらず、保障額が変わらないことと正反対と言える訳です。

 

これにより、若い頃における県民共済への掛け金の支払いは保障額と比較して若干割高な感覚を覚えてしまうことも否めません。これらは長期的に加入し続けることでデメリットとは感じられなくなりますが、若い頃の加入当初は多くの方が感じる部分と言えるでしょう。

 

そのため、若い頃に保険に加入できるのであれば同時に加入検討してみることがオススメになります。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▲まよったら無料相談がおすすめ▲

 


ホーム RSS購読 サイトマップ