県民共済は年齢差による加入向き不向きがある?

県民共済は年齢差による加入向き不向きがある?

県民共済は年齢差による加入向き不向きがある?

加入後も長期間に渡って一定の掛け金が享受できる県民共済ですが、実際のところ全ての年齢層において加入が向いているのかと言えば決してそうではない事情があります。簡単に言うと80歳以上の方になりますと加入に向いていないと言えるかもしれません。

 

加入自体も85歳以上できなくなる県民共済は、65歳を越えて加入しますとそれまでの保障額が一段と低くなります。65歳と言えば日本では現在のところ通常の年金支給開始時期になりますので、それに合わせて保障額も低くなる仕組みになっている訳です。

 

現在の日本では80歳を超えても現役で働く方もいまして、実質的に年齢に関わらないリスク保障が必要な方と言うのは今後さらに急増して行くのは間違いありません。これによって、18歳から65歳までは県民共済を使って保障の一部を担わせることは得策なのですが、65歳以上のコスパを考えると他の保険商品などを早目に考慮して組合せるべきでしょう。

 

特に80歳から85歳までの加入になると、疾病による入院保障が1円も支給されないことになっているのです。通常80歳代になれば何らかの病気を患えば、入院するケースがほとんどでしょう。そのため、保障内容としては極めて不十分なものになって行きます。

 

年金額が比較的大きくて保障もそれほど必要のないと言う方であれば問題はありませんが、今後の日本における年金支給額の目減りが大きくなることを考慮すれば高齢になる前に保障対策を総合的に取っておくべきです。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▲まよったら無料相談がおすすめ▲

 


ホーム RSS購読 サイトマップ