県民共済への加入は既存保険との兼ね合いも重要

県民共済への加入は既存保険との兼ね合いも重要

県民共済への加入は既存保険との兼ね合いも重要

非常に手軽な費用で加入できる県民共済ですが、フルタイムで働く現役世代にとって保障額が若干低めになるのは否めないところです。しかし、万が一のトラブルの際も迅速に支払いに対応してくれる点については非常に評価すべきところでして、民間の保険などは裁判にまで発展してやっと払ってくれるケースもあるくらいなのでやはり外せない部分でもあります。

 

そのため、県民共済にこれから加入したいと言う方にとって非常に重要なのは、既存加入済みの保険を維持しながらも県民共済に同時に加入して行くことになるのです。これであれば、保険における支払いが長引いたとしても県民共済を使ってタイムリーに凌げることでしょう。

 

県民共済の場合はご存知の通り一定額にて払い続けることができますので、その前に既存保険のコストパフォーマンスを見直すことをオススメいたします。つまり、保険でも同じ保障内容であればできるだけ安い掛け金を設定している保険に加入替えすることになる訳です。

 

そして、その安くなった分に関してはぜひ県民共済加入分に回すのが得策でして、こうすれば従来と同じ価格にて県民共済と民間保険サービスのダブルで備えることができるようになります。

 

県民共済の持つ利便性を大きく発揮するためには、既存の保険をできるだけ捨てずに保障範囲やメリットを確保しながら両者を維持して行くことが必要と言えるでしょう。最近はネットでも安く保険が見積もることができるサービスも多いので徹底活用してください。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▲まよったら無料相談がおすすめ▲

 


ホーム RSS購読 サイトマップ